ほうれい線がなければ若返る

見ると憂鬱になるほうれい線について

 

ほうれい線を消す方法と紫外線際策はつながらない方が多いかもしれません。
実は大いに関係があるのです。

紫外線というとシミやそばかすの原因となることはよく知られていますが、
実はしわやたるみの原因ともなるのです。

というのは紫外線には波長の長いA波と短いB波があるのです。
短いB波は肌の浅いところにダメージを与え、シミやそばかすの原因に、
長いA波は奥深くにあるコラーゲン繊維などにダメージを与え、
しわやたるみの原因となるのです。

ほうれい線は深いしわの一種なので、紫外線対策が功を奏するのです。
紫外線対策として日焼け止めは必須です。

ただ、日焼け止めには紫外線吸収剤系と紫外線散乱剤系の2つあり、
選びたいのが後者なのです。

前者は名前の通り紫外線を吸収して日焼けを防ぐため、熱エネルギーが発生し、
逆にシミなどの原因となる可能性があります。

それに対して後者は紫外線を散乱させて防ぐため、肌への負担が少ないのです。
ほうれい線を消すためだけでなく、肌のためなら紫外線散乱剤系の日焼け止めを使うことです。