サイトTOP 紫外線対策  洗顔のポイント  効果的なマッサージ  呼吸法で解消  乾燥を防ぐ  ツボ押しで改善  ほうれい線を招く要因  舌回しが効果的  お肌の保湿が肝心  目を労る  マリオネットライン  信頼できるクリニック  テレワークによるたるみ  テレビで話題のベロ回し体操  健康的にほうれい線を消す  コスメでケアするほうれい線 ハリを取り戻すトレーニング サイトMAP

ほうれい線を消すために心掛けたいこと

見ると憂鬱になるほうれい線について

顔のハリを取り戻すための習慣

年齢と共にお肌のハリがなくなってきます。
それに伴って、シワやたるみ、ほうれい線などの様々な悩みが出てきます。
特に顔のハリが失われると、老け顔の原因となります。

おすすめは、コラーゲンを補充してあげること。

サプリメントやドリンクなど、コラーゲン入りの食品を
積極的に摂ることで、肌がプルンとしてきます。

ハリに効果的な栄養素

それと共に、顔の表情を作っている表情筋を鍛えてあげるとより効果的です。

顔のマッサージをするときには、基本は下から上、内から外と動かすと効果的です。
これは、スキンケアやファンデーションを塗る時も意識してみると
小顔効果が表れてきます。

また、日常のちょっとした時間、例えばテレビを見ている時間を活用して
顔ストレッチをしてみるなど、コツコツと続けることで
一年後、二年後にはより生き生きとした表情を作り出すことができます。

若いころには想像できなかったような年齢による変化が表れ始めると
やはり何かしら対策を取らなければ、と焦りを感じながらも
気が付いたら時間だけが経っている、という方も多いようです。

特に現代社会ではパソコンを使う仕事が以前より増えているため
表情筋を使う機会が減ってきており、たるみやほうれい線に繋がりやすいかもしれません。

歳をとっても綺麗と言われる人も、陰では人並ならぬ努力をしています。
表情筋トレーニングもそのうちの一つで、毎日の習慣として取り入れている人も多いです。
お風呂に浸かっている間に行うことで、より効果が表れます。

1日5分からでも、こういったたるみやほうれい線対策のための習慣を始めてみると良いでしょう。

日本語は顔の筋肉を20%しか使わない!?顔ヨガで表情筋を鍛えよう

日本人は外国人と比べると表情が乏しいといわれています。
愛想笑いなどをしていて何を考えているのかわからないとも言われていますが、
外国人との大きな違いは言葉を話すときにどれくらい表情を動かしているかです。

英語を始めとした外国語を話すときは、口だけでなく顔やボディーランゲージなど
身体全体を大きく使って話すことが多いのですが、日本語の場合は顔全体の表情筋の
うち20%ほどしか使っていないといわれています。

普段からあまり表情を動かすことなく話しているので、外国人と比べると
ほうれい線が目立つようになったり小じわやたるみなどの肌のトラブルが
日本人のほうが起こりやすい傾向にあります。

顔の老化を防ぐためには意識して、日本語を話すとき使う20%以外の筋肉を
上手に使っていくことが大切です。

表情筋をうまく使っていくためにおすすめなのが、顔ヨガです。
顔には小さな筋肉がたくさん集まっています。

動かさなければどんどん劣化してしまい、皮膚を支えることが
できなくなってしまうので、たるみや小じわができやすくなります。

表情筋の衰えによるトラブル

顔ヨガで意識して表情を動かすようにすることで、顔全体が引き締まって
たるみやほうれい線の予防になるだけでなく、小顔効果も期待できます。


sitemap 若く見える 習慣 男性の悩み スキンケア 寝る前のケア ウルセラ治療 経験豊富 筋力の回復