ほうれい線がなければ若返る

見ると憂鬱になるほうれい線について

 

ほうれい線は、中年以降の女性の多くが抱えている問題です。
ほうれい線は、加齢や乾燥など、様々な原因が重なってできます。

加齢や乾燥により、肌の角質層のセラミドが減ると、
角質の水分保持能力も低下し、肌の弾力がなくなってきます。

肌が乾燥すると、ほうれい線が目立つようになるので、肌の乾燥を防ぎ、
保湿化粧品などを使って、しっかりと保湿ケアをすることが大事です。

ヒアルロン酸やセラミドを配合した保湿化粧品は、肌の保水力を高めるので、
シワやたるみ対策にも適しています。

ほうれい線を消すには、呼吸法を使った方法もあります。
口呼吸を止めて、鼻呼吸にすることが大事なのです。
口呼吸をしている女性は、鼻呼吸にすることで頬のたるみの改善が期待できます。

頬のたるみが起きやすい人は、口角が下がり、ブルドッグのような
顔になってしまうことがあります。

口呼吸を続けていると、口が開いたままの状態になるので、口の周りの筋肉が衰えます。
口の周りのハリがなくなると、老け顔になってしまうケースが多いのです。